排尿の悩みどうにかしたい!

年齢を重ねてくると排尿の出が悪くなったり、トイレに行く回数が増えたりしてしまいます。そんな悩みを抱えている人は泌尿器科を受診すると悩みを解決できますよ。泌尿器科に関するよくある質問を集めてみました!

泌尿器科に寄せられるよくある質問を集めてみた!

夜中にトイレに行く回数が多いです。年齢が関係しているのでしょうか?それとも病気でしょうか?

夜中にトイレに行く回数が2回以上ある人は夜間頻尿の可能性があります。夜中にトイレに行く事で寝不足になったり転倒するリスクがあるので、就寝前に水分をあまり取らないようにしましょう。

排尿をしたいけれど思うように出なくて苦しいです。

尿が出にくいという人は尿閉という症状を起こしている可能性があります。早めに受診するようにしましょう。

血尿が出る事があるのですが、体に異常もないしいつの間にか治っていました。病院に受診するべきでしょうか?

血尿が出ても体に異常がみられないという人は、無症候性肉眼的血尿という症状の可能性があります。その場合、他の病気になっている可能性があるので泌尿器科ですぐに受診するようにしてください。

男性がなりやすい尿の病気

筋肉質な男性

尿管結石は男性に多い病気で生活習慣病からなる場合が多いです。主な症状としては最初は脇腹から背中にかけて重苦しいような痛みや急な激痛が起こるなど様々です。尿管結石になる原因には不摂生から起こる場合が多いです。症状の発見方法は主にレントゲンや検査をして診断をします。生活習慣の乱れで起こる病気なので改善していないとまた再発する恐れがあります。尿管結石の治療には生活習慣を見直す指導を行っている所もあります。

排尿に関するよくある悩み

悩む男性

日本には排尿障害で悩んでいる人がたくさんいます。この排尿障害にはどんなものがあるのでしょうか?いくつか挙げていきますね。排尿障害には多尿、頻尿、尿失禁、尿閉、残尿感、乏尿、無尿があります。悩みの中で特に多いのが頻尿です。頻尿を判断する基準は日中に排尿する数が八回以上、寝ている時に二回以上排尿する人は頻尿の可能性があります。膀胱や前立腺に疾患を持っていると、排尿障害になる可能性が高いです。その他の原因には内科疾患や年齢による可能性もありますので、異常を感じたら速やかに泌尿器科で検査を受けるのが得策です。

どんな治療を行うのか

股間を押さえる男性

排尿障害を治療する方法には原因によって異なります。高齢者の場合、排尿障害によって生活が阻害されてしまう可能性があります。排尿障害の治療は泌尿器科だけでは治療が不十分な場合が多いので、生活習慣の指導をしたり、内科的治療を一緒に行っていったりします。排尿障害で悩んでいる人はまずは泌尿器科に相談しましょう。

検診をしっかり受けよう!

悩む男性

日本人のがんの罹患数で多いのが前立腺がんと言われています。一定の年齢を過ぎると前立腺がんに罹患する確率が上がってしまうので泌尿器科を利用してがん検診を受けるようにしましょう。特に五十代を過ぎた人は受けるようおすすめします。他にも膀胱がんや腎臓尿管がんの罹患率も日本人の男性に多いがんです。

広告募集中